改善

.htaccessに追加するだけで「最速化」できる素敵なコード

ブログを作成していると、自然とより良いページにしたいという『欲』が出てくると思います。

中でも、気にする人が多いのは「最速化」ではないでしょうか。

一概に「最速化」といっても、様々な方法があります。

キャッシュのプラグインを入れたり、圧縮をしてページを軽くしたりと「最速化」についての記事を多く見かけると思います。

「キャッシュ」なんかは、閲覧する人やサーバーに負担をかけないようにするという面ではとても親切な対応ですよね。

しかし、「Simplicity」をテーマに使っていると不具合が出やすいのでプラグインを使うのは避けたほうが良いでしょう。

それならば「圧縮」でもしてみようと思うと、人によっては面倒でしたくないという人もいるでしょう。

では、どうしたら良いか。

まず測定

自分自身が運営しているブログのパフォーマンスを、簡単に測定してくれるサイトがあります。

それは、GTmetrix

測定してみる方法はいたって簡単で、自分のブログのアドレスを「Enter URL to Analyze」に入れ、「Analyze」のボタンをクリックすると数秒で数値を出してくれます。

注目する箇所は「Performance Scores」と「Page Details」で、サイト評価やページを読み込むのに必要な時間とサイズが分かります。一旦これらの数値を覚えておきましょう。

.htaccess ファイルにコピペ

WordPressをインストールしているサーバーの「.htaccess」ファイルに、ある「素敵なコード」を追加します。

それを追加するだけで、サイト評価が一気に改善されます。

詳細は、下記の記事に記載されています。

[改訂版] .htaccess の見直しでWebページ高速化

開発者ブログで紹介された「ブラウザキャッシュ+リソース圧縮+画像の圧縮」ですが、この「素敵なコード」自体は有名ブログ「Thought is free」の「るな」さんが考案したものとなっています。

記事の中にあるコードをそのままコピーして、使用しているサーバーの「.htaccess」ファイルに貼付けるだけです。

キャッシュのプラグインを入れられない「Simplicity」をテーマとして使っている場合は、特にオススメできる改善方法だと思います。

「.htaccess」ファイルにへ追加が出来たら、またGTmetrixで測定してみましょう。

おそらく、サイト評価がグッと上昇していると思います。

まとめ

難しいことは分からないという人でも、何よりも簡単に「最速化」できる方法です。

ただし、「.htaccess」を変更するとページの表示に影響が出る場合があるので、バックアップなどを取ってから行うことをオススメします。

また、コードを追加する場合には、「.htaccess」の1番下の1行を空欄にしないと上手く反応しない場合もあるようなので、数値が改善されない場合は1行は空欄にしてみると良いかもしれません。

関連記事

  1. 改善

    画像圧縮をしてますか?オススメの無料オンラインサイト4選

    よく『最速化』という文字を目にしますが、ブログやサイトを作成している人…

最近の記事

  1. Hummingbird

    「ハミングバード」でカスタムからの文字色を変えられない箇所が!style.css…
  2. 改善

    .htaccessに追加するだけで「最速化」できる素敵なコード
  3. 対処法

    なぞの「semalt.com」って?「リファラースパム」を遮断する方法
  4. 対処法

    「PHP 5.6」へアップデートしたら単一記事が白い画面に
  5. 対処法

    「Offerz4U」や「DealTop」と書かれた広告を消したい!非表示にする方…
PAGE TOP